検索

「欲しがりません、好感度」の会~完全匿名やや美人編~

「似ていると言われたことのある芸能人」を発表するところからこの会は始まった。

いくら顔を隠し本名を隠していたとしても、発表する方にも聞く方にも緊張が走る瞬間である。

みんな堂々と言えるだろうか・・・結局遠慮してしまってつまらない会になるのでは・・・

と心配したのもつかの間、名だたる美人女優の名前がまぁ次から次に出てくるではないか。

しかも「嬉しいかどうかは別ですけどね」というなんとも心強い一言まで飛び出す始末。


中には某有名アイドルに似ていると言われたことに対し「そこまで落ちぶれちゃいない・・・!」と怒りをあらわにする猛者も。

オンラインじゃなかったら「あんた、立派だよ。この会の趣旨を理解しすぎているよ・・・!」とそばに駆け寄ってきつく抱きしめたいところである。

それにしても終始脇汗が止まらない会だった。


分かったことは、やや美人の心の内はタブーであること。

匿名だろうとなんだろうとタブーなことに切り込むことは緊張するということ。

とはいえタブーなことはやはり面白いということ。

そしてタブーなことはレポートに書けないということ。

以上である。


しかしせっかくなので、やや美人が、やや美人に生まれたが故に悩んでいることや辛かったエピソードの一部を書ける範囲でご紹介したい。


・惚れられちゃ困るのである程度一線を引 ・惚れられちゃ困るのでガサツに振る舞ったりしがち ・明るい人生を歩んできていて明るい性格だと思われがちだが実は逆 ・友達がいないとやっぱり性格悪いからか?と思われがち ・黙っていればお高くとまっているように思われ、愛想を良くすれば媚びていると思われがち ・「美人ですね」と言われると、内心「またそれかぁ・・・」と思う ・イケメンに「美人ですね」と言われると動揺するが、動揺していることを悟られないよう「知ってる」とクールに答えがち ・自分に自信がありそうな、よく日焼けした二重まぶたの筋肉質な男性にすぐ言い寄られがち ・本物の美人が現れた時の立ち位置に困る


など、酒と涙と匿名なしには語れないエピソードばかりだった。 この会にリスナーがいたとしたら「いったんツラを見せやがれ」というコメントの嵐だったであろう。

また、いかにも人から聞いたエピソードを第三者としてまとめているように書いているが、もちろん私もやや美人として参加していた一人である!! 自分のエピソードも人のエピソードのように偽装できるところが主催者の特権だ。

とにかく、詳細を書けないことが心苦しいほど非常に繊細かつ大胆な発言が飛び出したことは確かだ。

オンラインで画像オフ&匿名で話すのはなかなか良い。相手の表情を見て全然共感されてないということを察知せずにすむし、逆に全然共感していないことを察知されずに済む。

もうこれ以上好感度を欲しがりたくない人たちの最初の一歩として、ちょうどよいリハビリになるだろう。

ただ一つだけ注意点があるとしたら、変更した名前だけはその日のうちに元に戻した方が良い。 私は「やや美人」という名前で参加し、その後名前を元に戻すことを忘れたため、翌日の別なミーティングに「やや美人」という名のまま入室してしまった。 この会を知らない人にとってはヤバい奴以外の何者でもないし、この会を説明したところでヤバい奴以外の何者でもない。 気をつけたい。

とにかく、タブーな話はこれからも細々としていきたい。

探り合いから始まり、先に切り込まれたら「やられた!守りに入りすぎたか・・・!」と己を恥じ、ほどよい塩梅でジャブを繰り返し様子をみる。 ここぞというところでストレートな本音をお見舞いし会場を想像以上に凍り付かせ、ほどよくストレスを感じ、ほどよく脇汗もかく。 しかしながら「言ってやったぞ!」というストレス発散も少なからずある。

もはや頭をフル回転させるスポーツだ。ほどよい発汗作用もあるしおすすめだ。


最後は「やや美人に生まれてきたことについてどう思うか」という質問に対してのやや美人の回答を紹介して終わりにしたいと思う。


「辛いことは数え切れないほどあったけど、やや美人に生まれて良かったっちゃ良かった」


*******

今回参加したくてたまらなかったものの、のっぴきならない事情で参加できなかった皆さん、安心して下さい!またやりますよ!!

それではまた!!

0回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now